カフェイン断ちに挑戦!

どれだけ寝ても眠いので、おかしいなとは思っていました。
その理由にカフェインは大きくかかわっていると最近知り、カフェイン断ちをしてみることにしました。
寝る前にカフェインをとると眠れなくなるというのはよく聞く話ですが、カフェインをとりすぎていると寝ている最中でも神経が過敏になり歯を食いしばってしまうそうです。
その結果、体が休まらずいくら寝ても寝たりないという状態になるようです。
ずっと食いしばっていることは気づいてはいたんです。
でも、その原因がカフェインのとりすぎだとは思ってもみなかったんです。
ということで、カフェイン断ちをすることにしました。

カフェイン断ちをして半日くらい経つとズキズキと頭痛がしてきました。
これは、カフェイン断ちをするといつもはカフェインの作用で収縮するはずの脳の血管が膨張したままになるため神経を刺激して頭痛が起きるようです。

この生活に2日間耐えましたが、コーヒーが飲めない・大好きなチョコが食べれないと思うとストレスがどんどん増してきたので、3日目にしてカフェイン断ちをやめる運びとなりました。
2日間カフェイン断ちをして思ったことは、確かに夜間の食いしばりは減ったと思うし、頭痛はしたけどイライラが減った気がしました。
私はコーヒーやチョコをやめるほうがストレスなので、カフェインは朝だけとってとりすぎない生活にかえようと思いました。
何でも適量が1番ですね。