「BONES 骨は語る」シーズン9 第7話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第7話「完璧なハネムーン」を見ました。
前回無事に結婚式を挙げたブレナンとブースが、ブエノスアイレスへハネムーンに行く様子を描いたストーリーでした。プールサイドでただのんびりするだけという時間の使い方が、我慢ならない様子のブレナンが笑えました。
バカンスを楽しめないブレナンは、結局自分の専門分野である遺骨の保管庫へ行き、そこで遭遇してしまった事件の解決に協力することになるのです。ハネムーンなのによその国まで行って仕事をするなんて、とも思いますが、ブレナンもブースもなんだかんだ言って仕事が大好きなんだろうなと感じました。いつもは事件の本筋よりもサイドストーリー見たさに視聴するのですが、今回は意外な犯人が明らかになるラストにびっくりして、印象深いエピソードでした。アメリカ以外の国が舞台だと、また視点が変わって面白いですね。
そして、子守りを任されたジャックとアンジェラが、二人の子育てにへとへとになる姿がおかしかったです。でも幸せそうでもありましたね。この夫婦に第二子が誕生するのも近いかもしれません。

ご飯が炊けてない(泣)

昨日の夜、ご飯を炊こうと思って炊飯器のスイッチを入れました。
ご飯が炊ける間におかずを作ったり、洗濯物を畳んだりしていました。
炊飯器がピーっと5回なったので、お味噌汁を温めてご飯を茶碗によそろうと思い炊飯器のフタを開けました。中には何も入っていませんでした。もうビックリです。何で?と思ってしまいました。どうやらお米を研いだつもりになっていたようです。
炊飯器は壊れていないか。今からお米を研いで間に合うか。早くしないと旦那さんが帰ってきてしまう。等、色々頭の中を過ぎりました。
急いでお米を研ぎました。最低30分は水に浸してから炊かないと芯が出来てしまう。でも早く炊きたい。とりあえず、スマホで色々調べてみました。30分以上水に浸した方が良いと書いている人。最近の炊飯器は優秀だから水に浸す必要は無いと書いている人。どっちが正解なの?と思いました。
30分待つことが出来ず15分くらい水に浸した後、炊飯器のスイッチを入れてしまいました。上手く炊けるかドキドキだったのですが、芯も無く美味しいご飯でした。
まさか自分がこんなことをやってしまうなんて。これからは空焚き防止の為、スイッチを入れる前にフタを開けてお米が入っているか確認しようと思います。

今年はお花見ができませんでした

今年は寒かったので桜の開花が少し遅かったように思います。
町でやっている桜祭りも、寒さで花があまり咲いていない状態で天気も雨というあいにくの状態で行われたらしいです。
寒さと雨で行く事を断念し、ツイッターで行った方の様子を読んで写真を見て楽しみました。

近所の桜並木もちょっと散歩しない日が続いたら、雨や風で満開の状態を見るのを逃してしまいました。
気づいたときには8割方花が散っていて残念な思いでいっぱいです。

以前、桜の名所とよばれるある都内の公園に行ったことがあります。
人の多い時間に行くと場所もないしうるさいだけだということで、夜中に車で向かいました。
人はほとんどいませんでしたが、大量のゴミとアルコールの匂いに園内が満ちており、せっかくの綺麗な桜を楽しみ空気ではありませんでした。

こんなことがあってから、アルコールを飲んでドンチャン騒ぎするような所を避けて桜を楽しむようにしていますが、咲いている時期が短いだけに近所でもいい時期に楽しむのが意外と難しいと思っています。
たまにいい時期と重なったときに電車に乗ると車窓から桜並木が見えたりして楽しいので、いつか旅行で静かに桜を見られる場所を回ってみたいです。